日本観光学会のご案内

日本観光学会は、昭和35年(1960年)5月に観光及び観光事業に関する学術の進歩・普及を目的として設立されました。現在、本部事務局は関東支部に設置されており、東北・北海道支部、関東支部、中部支部、関西・中四国、九州・沖縄支部の5支部があります。会員数は、約220名で、大学、短期大学、専門学校、官公庁、民間研究機関、観光事業等に所属している観光研究者で構成されています。また、所属上部機関としては、平成16年の日本学術会議法改正後、日本学術会議より観光関連研究団体として新制度による認定を受けています 。

定期刊行物として、会員の研究成果を掲載する機関紙「日本観光学会誌」を年1回発行しており、学会活動として、毎年、会員の研究促進、発表および地域の観光振興を目的として、全国大会および各支部大会を開催しています。海外大学との国際学術交流としてジョイント・シンポジウムも行っています。

学会は学術的な研究活動を行うだけでなく、時代の要請に応える学術的貢献も行ってきました。平成11年春の沖縄の第79回全国大会においては、沖縄サミットを翌年に控え、「沖縄の観光振興」をテーマにし、ワークショップ、研究発表、シンポジウムを行い、沖縄の観光振興に関する学会提言も行いました。また、平成12年3月30日の北海道有珠山噴火により、危機的被害を受けた洞爺湖温泉活性化のため、平成13年春に洞爺湖において、第83回全国大会を開催し火山噴火と観光との関係を取り上げ、「火山災害と観光」というテーマでフォーラム、研究発表などを行いました。

日本においては、「産業立国」から「観光立国」への価値観の転換が時代の要請となりつつあることから第87回全国大会以降「観光立国」を共通課題として研究発表を続けてきました。そして平成16年11月の第90回創立45周年記念全国大会において「真の観光立国へ25の提言」を微力ながらも社会貢献の一助に資する願いをこめて発表するとともに、当該提言を国土交通省にも提出しました。

平成22年6月には学会の歴史的な節目となる「第100回記念全国大会」が、東京大学(本郷キャンパス)において盛大に開催されました。平成26年7月、長年待ち望まれていた昭和36年12月発行の創刊号から平成21年9月発行の第50号迄の「日本観光学会誌CD」が完成し、本会の会員及び関係者や関係機関などに配布されました。

会長挨拶

日本観光学会の発展に向けて

 日本観光学会は、観光分野における日本で最も伝統ある学会です。これも諸先輩方が積み重ねてきた研究成果の賜物であり、心より感謝を申し上げる次第です。

 本学会は主に研究者、観光関連企業、自治体等の方々から構成されており、学術的な研究成果のみならず実学的な研究成果、例えばまちづくりやホスピタリティ産業などの分野に大きく貢献する成果を残してきました。近年、わが国では観光立国を目標に主としてインバウンド促進政策が進められており、地域振興における観光のあり方に注目が集まっています。また、今後の大きなイベントとしては東京オリンピック・パラリンピックの開催やリニア中央新幹線の開通などがあり、観光活動が活発になると期待されています。

 このような状況を鑑みると、観光学を確立するためにも、観光に関する経済学、経営学、社会学、地理学、教育学、心理学、文化人類学、都市工学などの様々な研究分野における基礎研究や応用研究のさらなる蓄積が必要です。そこで、日本観光学会はグローバルな社会に求められる新たな発想をもった観光研究をより発展させることが責務であり、そのためには会員それぞれが自身の研究だけでなく他分野の研究を重んじ尊重しあう学会であり続ける必要があると考えます。また、そのなかで研究を担う若手研究者の育成も重要な課題であると考えます。

 新体制の下、日本観光学会のさらなる発展のために力を尽くしていく所存です。会員の皆様のご協力を、心よりお願い申し上げます。

2017年4月1日
新会長 神頭 広好
愛知大学教授

執行部

会 長 神頭 広好(愛知大学)
副会長 長橋 透 (青山学院大学:関東支部長兼任)
角本 伸晃(実践女子大学:編集委員長兼任)
理 事 (支部長理事)
成澤 広幸(仙台青葉学院短期大学:北海道・東北支部長)
赤壁 弘康(南山大学:中部支部長)
天野 景太(大阪市立大学:関西・中四国支部長)
吉川 三恵子(第一薬科大学:九州・沖縄支部長)

(支部代表理事)
井上 寛 (ノースアジア大学:北海道・東北支部)
大江 靖雄(千葉大学大学院:関東支部)
江口 善章(兵庫県立大学:関西・中四国支部)
  未 定  (中部支部)
  未 定  (九州・沖縄支部)
会計監査 2017年度の秋の総会で承認予定(2名)

本部事務局

住所 〒252-5258
神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1 青山学院大学社会情報学部 長橋研究室 気付
MAIL nihon@kankoga.or.jp

国内支部

支部 東北・北海道支部
支部長 成澤 広幸
住所 〒984-0022
宮城県仙台市若林区五橋3-5-75
仙台青葉学院短期大学
成澤研究室 気付
MAIL h_narusawa@seiyogakuin.ac.jp
支部 関東支部
支部長 長橋 透
住所 〒252-5258
神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
青山学院大学社会情報学部
長橋研究室 気付
MAIL nagahashi@si.aoyama.ac.jp
支部 中部支部
支部長 赤壁 弘康
住所 〒466-8673
愛知県名古屋市昭和区山里町18
南山大学経営学部 赤壁研究室 気付
MAIL akakabe@ic.nanzan-u.ac.jp
支部 関西・中四国支部
支部長 天野 景太
住所 〒558-8585
大阪府大阪市住吉区杉本3-3-138
大阪市立大学文学部 天野研究室 気付
MAIL jast.kansai@gmail.com
支部 九州・沖縄支部
支部長 吉川 三恵子
住所 〒811-0322
福岡県福岡市東区大岳4-8-6
MAIL miyoumk@gmail.com
      ※ メールをお送りの際は@を半角の@に変更して
          下さい。