日本観光学会のご案内

日本観光学会は、昭和35年(1960年)5月に観光及び観光事業に関する学術の進歩・普及を目的として設立されました。現在、本部事務局は仙台に設置されており、東北・北海道支部、関東支部、中部支部及び関西支部の4支部があります(九州・沖縄支部を設立準備中)。会員数は、約300名であり、大学、短期大学、専門学校、官公庁、民間研究機関、観光事業等に所属している観光研究者の集まりであります。また、所属上部機関としては、平成16年の日本学術会議法改正後、日本学術会議より観光関連研究団体として新制度による認定を受けております 。

定期刊行物として、会員の研究成果を掲載する機関紙「日本観光学会誌」を年1回発行している。情報誌「とらべろじい」を年2回発行していたが、現在は休刊となっている。

また、学会活動として、毎年、春秋には、会員の研究促進、発表および地域の観光振興を目的として、全国各地で全国大会を開催しております。平成16年11月6・7日(土・日)に開催された東京の日本プレスセンターでの創立45周年記念全国大会は、実に、90回の多くを数えるに至りました。海外大学との国際学術交流としてジョイント・シンポジウムも行っております。学会は、春秋の大会において学術的な研究活動を行うだけでなく、時代の要請に応える学術的貢献も行ってきました。平成11年春の沖縄の第79回全国大会においては、沖縄サミットを翌年に控え、「沖縄の観光振興」をテーマにし、ワークショップ、研究発表、シンポジウムを行い、沖縄の観光振興に関する学会提言も行いました。また、平成12年3月30日の北海道有珠山噴火により、危機的被害を受けた洞爺湖温泉活性化のため、平成13年春に洞爺湖において、第83回全国大会を開催、火山噴火と観光との関係を取り上げ、「火山災害と観光」というテーマでフォーラム、研究発表などを行いました。

世界の1998年以降の観光産業の国際観光収入は、既に自動車産業を抜いて世界第1位になっており、観光産業の将来性からみて、日本においても「産業立国」から「観光立国」への価値観の転換が、時代の要請となりつつあることに注目しなければならないと考えております。

平成15年春の第87回全国大会のテーマ「観光立国」は、テーマの重要性に鑑み、第87回大会以降、引き続き、共通課題として研究発表を続けておりましたが、いよいよ、平成16年11月の創立45周年記念全国大会において、提言準備委員会が取りまとめた「真の観光立国へ25の提言」を微力ながら社会貢献の一助に資する願いをこめて、発表すると共に、当該提言を国土交通省にも提出いたしました。

平成22年6月に学会の歴史的な節目となる「第100回記念全国大会」が、東京大学(本郷キャンパス)において盛大に施行されました。

平成26年7月、長年待ち望まれていた昭和36年12月発行の創刊号から平成21年9月発行の第50号迄の「日本観光学会誌CD」が完成し、本会の会員及び関係者や関係機関などに配布が行われました。

会長挨拶

ph:三橋 勇

謹啓

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

平成24年4月14日(於:学士会館306号室)に行われました日本観光学会理事会において、16年間の長きにわたり会長職にありました大森猛会長が辞任され、後任として、私こと三橋勇が日本観光学会会長に選出されました。私にとって身にあまる光栄と重責でありますが、会員の皆様及び社会のご期待に添うように誠心誠意努力いたす所存でございます。何卒、皆様のご指導ご鞭撻を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。

なお、同年7月6日の理事会で新たな若い世代の理事達を執行部に迎え、今後の時代に適合する組織・システム等のリニューアル及び構築をおこない、活性化を進めております。

昭和35年(1960年)、当時の観光における一流学識経験者・事業従事者・他の多彩で有能な人達により、観光事業に関する学術の進歩・普及を目的として設立された本会は52年の歴史を持ち、この間に多くの観光研究で名を成す人材を輩出してまいりました。この伝統に恥じることのない方向を学会として目指して行きます。

今後、本会の会長として日本観光学会会員の信頼の下で自分たちの研究の場、交流の場として生気を取り戻し、社会に貢献できるような魅力ある組織に高めて、後進に道を開いて行く所存でございます。 その第一歩として、本年(平成24)年11月10日(土)に東海大学代々木キャンパスで、日本観光学会第102回全国大会を開催するべく準備を進めております。

その後、第103回愛知大学、第104回大阪観光大学、第105回大阪市立大学、第106回秀明大学と会員の協力で全国大会を成功裏に開催することができました。

2015年度の活動計画として、時代感性を取り入れた研究の道を歩み始めております。今回は新たなその研究発展の試みとして、2015年6月27日、28日に日本大学(砧キャンパス)において、日本観光学会と総合観光学会との合同開催を行う運びとなりました。

謹白

日本観光学会 第8代会長 三橋 勇
秀明大学教授/石巻専修大学特任教授

本部事務局

住所 〒986-8580 宮城県石巻市南境新水戸1番地 石巻専修大学 三橋研究室気付
TEL 080-5578-0600
MAIL nihon@kankoga.or.jp

国内支部

支部 東北・北海道支部
支部長 成澤 広幸
住所 〒984-0022
宮城県仙台市若林区五橋3-5-75
仙台青葉学院短期大学 成澤研究室気付
TEL 022-369-8021
FAX 022-369-8021
MAIL h_narusawa@seiyogakuin.ac.jp
支部 関東支部
支部長 長橋 透
住所 〒252-5258
神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
青山学院大学社会情報学部 長橋研究室気付
TEL 042-759-6112
FAX 042-759-6112
MAIL nagahashi@si.aoyama.ac.jp
支部 中部支部
支部長 角本 伸晃
住所 〒464-8662
愛知県名古屋市千種区星が丘元町17-3
椙山女学園大学星ヶ丘キャンパス 角本研究室気付
TEL 052-781-1186
FAX 052-783-6732
MAIL kado@sugiyama-u.ac.jp
支部 関西支部
支部長 中尾 清
住所 〒590-0493
大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1
大阪観光大学 中尾研究室気付
TEL 090-5160-9911
FAX 072-453-1451
MAIL k-nakao@tourism.ac.jp

海外支部

連携協力 マレーシア大学サバ校
支部長 アジア連携観光研究センター
客員チーフアドバイザー 細見 省三